細波の入江 Ver.4
細波の入江にようこそ!!このブログは遊戯王好きでポケモン廃人が様々な日常を語っているブログです。ポケットモンスターの乱数調整などの解説も行っていきます。相互リンク随時募集中!
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ポケモンWCS2011中止のお知らせ

地震の影響で


WCS2011が中止となりました



仕方がないとはいえ残念ですね……



まあトルネロスの厳選が時間なくて出来なかったから


どっちにしろ勝つのは難しかったからね



大会中止は妥当な判断でしょう



来年頑張ろう!



ということでWCS2011考察はもうやりません。



東日本がいち早く復興することを祈ります。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
安易に組むのはもったいない。

その1.ランクルス

ランクルスといえばトリパのエース兼発動要因ですね。



ランクルスの素早さは30。


まさにトリパ仕様!


ですが


ランクルスを最鈍にするのは、少し安易かも知れません。


トリパ同士当たったとき


恐らく互いのトリル発動を恐れて、もしくは発動の隙を狙われるのを防ぐため


相手はトリルを選択しない可能性が多々あります。


そんなとき

少しでも早いと行動が非常に楽になれます。


WCS2009世界チャンピオンの草薙さんはカビゴンに素早さを振っていました。


おかげで本来抜けないはずのドサイドンを抜き、無事に役割を果たすことに成功していました。


WCS2010ではトリル発動要因のディアルガは多少の素早さ調整がされていました。


このように


安易に最鈍にするのは戦略的にもったいないです。


素早さ調整の目安ですが、それは次の考察に持ち込みます。


その2.エルフーン

エルフーンの努力値振りは他のポケモンと比べて非常に考えなければなりません。


いたずらごころがあるので


全補助技型ならSは要りません。耐久に振ります。

しかし


WCSで登場してくるであろう袋叩きエルフーン。


こいつはS全振りの可能性があります。


エルフキオンのエルフは、初手おいかぜ発動がテンプレですが


それをしない人も必ずいるはずです。追い風読み読み、みたいな感じでね。


逆にエルフキオンを使う人は、追い風発動ターンはしっかりと相手の行動を読まねばなりません。


また同時にテラキオンを出した時点で袋持ち=アンコールがない


という概念を植えることも出来ます。


それを逆手に取るのもありです。


エルフーンは基本的に


最鈍、最鈍抜き調整(トリル用に)、最速、113抜き(ジャロ)、111族抜き(コピペロス)


これらが多いと思います。


安定は最速。でも耐久に振りたい。


エルフーンに安易に努力値を振るのはもったいない。


自分のパーティの狙いをしっかりと定めて考えていくことが重要になりそうですね。





とまあ久々にポケモンやった私が考察をしているので


後から見るとずれたことを言ってるのかも知れないけど



考察だからね! 大会まで考えることは大切!

脳内試行も悪くはないんですよ?


私は前回大会では脳内試行パで予選突破しましたしwww


前回はダブルバトル自体が大会で初めてだったからね


少しは練習した今回は……




……予選突破を目指そうwww



最後に


トリック入れたランクルスには火炎球よりスカーフをお勧めしたい。


近作スカトリ出来る奴少ないし、トリル発動要因を潰すことも出来るし


何よりランクルスはトリル下で動きやすくなるからね。スカトリの相性はいいはず。


スカーフ枠の消費は痛いけど。もしスカーフを他で使うならメガネでいいはず。


……トリル発動要因はC高い奴多いから、やっぱりスカーフ安定かもね。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
WCS2011当選しました~!


ということで



広島大会参加決定です!!!



いや~、よかったよかったwww



後は就職活動と被らなければ参加できますね!!

これが一番怖いけどね^^;



さて、パーティはどうしよう。


オノパはトルネロスがどうしても手に入らないので厳しいし


無難にじこあんじパ、エルフキオンパ、トリパのどれかを使おうか……



少し変わった戦術もとりたいよなぁ



ダブル催眠昆布パとか。

催眠の仕様を上手くつけば恐らくいける! かも!


最速モロバのきのこのほうしで!


他には何が出来るだろうか


砂パも出来ないことはないし。


今回の素早さの平均基準は恐らく108族。


108族に倒されるパーティじゃ厳しいかもね。



エルフキオンのテラキオンは陽気じゃなくてもいい気がする。


追い風時スカーフサザンドラさえ抜ければ。

何よりHP調整や耐久上げないと袋叩きダメージもあるからね。

微々たる物だけど乱数絡むと無視できなくなる。


さて、どうしたものかww
つづきを表示
[ TB*0 | CO*2 ] page top
ポケモンWCS2011考察その4

皆さんも知っての通り、今回はイッシュ限定戦です。


つまりこれまでの常識は全く通じないということですね。


これまでの常識をいくつか並べると


・陽気ガブの逆鱗耐え調整
・201、205、209ガブ確定1調整
・130抜き調整(それを抜く調整云々)
・最速スカーフヘラ抜き調整
・メガネ、珠ラティオス流星群耐え調整
・プレートグロスコメバレ耐え調整
・最速バンギ抜き調整

等など

あげればきりがないほどありますよね。


これらが全く通じない! それが今回の戦いであります。

それが辛くもあり楽しくもあります。


そしてイッシュポケの特徴として

種族値に無駄が少ない

というものがあります。

確かに種族値に無駄がないポケモンは非常に強いです。
例:ヘラクロス、グライオン、ヒヒダルマ等

しかし、それは裏を返せば型がほぼ定まるということ。

しっかりと対策をしていれば、これほど楽な相手はいませんよね。


そしてもう一つ言える事が両極端になること。


素早さが低いポケモンはとことん低い!逆もまた叱り。

60~80族で強力なポケモンは少ないでしょう。


そこで今回は低いほうに注目、つまりトリパを考察します。


トリパとは?
トリパとはトリックルームパーティの略で、技マシン92《トリックルーム》を発動し、その効果によってアドバンテージを得ることの出来るポケモンで構築するパーティのことです。



トリックルームパーティの基礎(よく使われていた戦術)

トリックルームは非常に強力な技ですが、発動が難しいという欠点があります。
優先度が-7という全技中最低の技になっています。

つまりトリックルームの発動を読まれて、《ほえる》《ドラゴンテール》等の強制交換技などを打たれると即アウトです。(強制交換技は優先度-6)

また補助技であるため、《ちょうはつ》の存在がとても大きいのです。

他にも発動前に集中砲火され、倒されてしまったということもよくあります。


つまりトリックルームは発動する最初の1ターン目が特に重要ということになりますね。


今までのトリパでは主にドーブル(通称モルフパ)やトゲキッスの《このゆびとまれ》でサポートする型が非常に多く、しかもそれが安定していたため、よく使われていました。

その他の技では安全に発動することは難しく、ドーブルやキッスはほとんど必須であったと考えられます。

その他のポケモンはほとんどが素早さの遅い、尚且つ高火力のポケモンで構成されていました。

これがトリックルームパーティの基礎といっても過言ではありません。


トリパを使う利点としては

・高火力でゲームを進められるため、ダメージレースを有利に出来る
・素早さ以外に努力値を振れるため、耐久力が上がる
・技スペースを節約できる

以上の点が上げられます。特に最後の技スペース節約は、攻撃範囲を広めることが出来るため、大変重宝します。

トリックルームパーティはトリル中にゲームを終わらせたいのです。つまり

《まもる》《みきり》等を使う必要も、暇もないということです。

従って、守備技を抜くことが出来ることから技スペース節約が出来るということになります。


実際にトリパを使って大会上位に行っている方は、ほとんど《まもる》を入れていません。


以上の利点を武器にイッシュ戦でも用いられることでしょう。


それではまずトリックルームを使えて、尚且つ使われそうなポケモンをあげて見ましょう。

・エルフーン
・ムシャーナ
・ランクルス
・ゴチルゼル
・オーベム
・ブルンゲル
・デスカーン
・シンボラー

今作は格闘タイプが非常に多いためゴーストタイプのブルンゲル、デスカーンがよい役割を持ってくれます。

また素早さ29、夢特性【テレパシー】のムシャーナ、同じくテレパシーのオーベム

そしてアタッカーにもなるランクルス、いたずらごころのエルフーンなど

強力なポケモンがたくさんいます。

この中でよく見かけそうなのがエルフーン、ブルンゲル、ムシャーナでしょうね。

エルフーンはいたずらごころでトリル下でも最速で動いてくれます。またアンコールも。

ブルンゲルは高耐久な上、特性も優秀。ムシャーナは味方の攻撃が利きません。



そしてほぼ必ずといってもいいくらい出てくるポケモン、それがモロバレルです。

モロバレルは自身が遅く、催眠技の《きのこのほうし》を持ち、そして一番重要な《いかりのこな》を使えます。

《いかりのこな》は《このゆびとまれ》と全く同じ効果の技であります。


つまり一番安全にトリックルームの発動をサポート出来る、それがこのモロバレルなのです。


残りのポケは鈍足アタッカー。

ローブシンやギガイアス、ランクルスなどが出てくるでしょうね。


もしかしたら黒い鉄球サザンドラとかもいるかもしれません。




さて、ここまでは基礎、パーティ構築例を考えました。

では次にこれらを安定して使えるように、そして対策が出来るように考えましょう。


例としてパーティを

・モロバレル
・ブルンゲル
・ローブシン
・ギガイアス

と仮定して考えてみます。

1ターン目は大安定行動としてモロバレルが《いかりのこな》、ブルンゲルが《トリックルーム》を選択するとします。

しかし、相手からするとこれは簡単に読める行動な訳です。全力で潰しにくるでしょう。

挑発を持っているポケモンは迷わず選ぶはずです。何故ならモロバレル、ブルンゲルどちらにヒットしても問題ないからです。


ここで読み、そしてアイテムの考察となります。

いかりの粉の場合、ほとんど100%トリルは成功するはずです。

しかしその後が問題なわけです。

次のターン、読みの上手な方なら迷わずモロバレル側を残り一撃で倒せる程度にダメージを与え、後は守るはずです。もしくはモロバレルに集中砲火。

トリルの弱点、それは《まもる》といっても過言ではありません。時間つぶしが一番辛いのです。

つまりほとんど動けなくなったモロバレルをその場に残し、時間を稼がせるという方法が取れるのです。

モロバレルにはまともな攻撃技がありませんからね。

モロバレルを交換する、という行動も考えられます。がこれは可能性が低いでしょう。

いつまでも残しておける余裕はないからです。弱点多いし。


さて、ここでアイテムの考察です。ようやくここの本題ですね^^;

以前はトリル発動要因にはラムのみ、相方は気合のタスキやオボンのみが多かったのです。

特に発動要因のラムはほぼ必須でした。催眠が強かったですからね。


しかし、今作は催眠をうまく使えるポケモンは非常に少ないのです。

それよりもいたずらごころから飛んでくる挑発の方が怖いのです。主にエルフーン、コピペロス。

ということは・・・・・・そう、メンタルハーブの方が安定する可能性が非常に高いと考えます。

メンタルハーブさえあれば、モロバレルは二ターン目にも粉を打つことが可能になり、相方の攻撃、交代をスムーズに行えるのはもちろんのこと、確実に催眠を打つことも出来るのです!


一度催眠を打てば相手はガタガタでしょう。後は連続して催眠を打つなり、相方が攻撃をするなり……。

個人的にはラムよりハーブを推奨いたします!

では次に対策を。

トリルに対して究極の対策が自らもトリルを打つこと。

これはwcs2010のときにもあった戦法で、わざとパルキアに入れてた人もいるほどです。(最鈍パルキアもいたけど^^)

他には上にも上げましたが【いたずらごころ】《ちょうはつ》。

これが一番でしょう。


そして守れ! とにかく守れ! エルフーンのアンコールには気をつけましょう。
てかこれがあるからエルフーンは強い。2010のキッスサルポジションですからね^^;

他にもスカーフをトリックなどで押し付ける方法もありますが・・・・・・

トリックが使えるポケモンが少ないのが現状です。

エルフーンはすりかえが出来るけどね。アンコの方が重要(同時遺伝できたっけ!?)

そして最も大切なことは自分のパーティに一体は遅いポケモンを入れておく。(見せ合いのときに牽制できますし、かなり効果も期待できます)


以上がトリルに関しての私の考察、および見解です。


今回は見せ合いなので、パーティに対策を入れておくことは必須であると考えられます。




さて、今回はトリル発動要因、そのアイテム、対策について考察(といっても殆ど説明だったけど^^;)いたしました。

次の考察では今回の続き、トリルのアタッカーについて考察していこうと思います!




かなりの長文になりましたが、読んでいただいた方には感謝いたします!

考察なんて苦手なので、日本語的におかしいところも多かったと思いますが・・・・・・

自分なりに精一杯勝つために考えていこうと思いますので、次の考察もよろしくお願いします。

では次の考察で!

つづきを表示
[ TB*0 | CO*3 ] page top
ポケモンWCS2011考察 その3


ども、ふっしーです!


今日も考察をしていきましょう!


今日はトリパについて!



イッシュポケにはある特徴があります。



それは



種族値に無駄がない!※ただしバイバニラを除く



つまり


遅いポケはとことん遅い!


トリパにうってつけ!


……


しかしそれは相手も同じこと。


それも考慮し


友人Tと共に考えたパーティがこちら


エルフーン
耐久面の性格or最速 @ラムorメンタルハーブ

トリックルーム アンコール やどりぎのたね ちょうはつ

ズルズキン
勇敢 @鉄球

ねこだまし れいとうパンチ なげつける けたぐり

ギガイアス
勇敢 @?

いわなだれ じしん ロックブラスト だいばくはつ

???


実は4体目は決まってなかったり……


ともかくエルフーンでトリックルームを決めようというもの。


エルフーンはトリル下でも最初に行動できるという謎のポケモン。


ゴチルゼル、ランクルス、ムシャーナたちよりもトリルに向いているポケモンだといえるでしょう。


ズルズキンはなんと猫だましが使えます。


火力はトリパにしては低めですが、威力130一致投げつけるとか打てますから

そんなに悪くはなかったり。

4体目にモロバレルを入れて

いかりのこな+きあいパンチ

というのもアリかもね。


近作はドータクン等トリッキーなポケモンがいないですからね。


パーティを構築するのは難しいですな……



まだまだ考える必要がありますね。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
Copyright © 細波の入江 Ver.4. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。